読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不道徳教育講座 〜everything but the shady passion〜

趣味・仕事・日常 見たもの感じたこと考えたことを徒然なるままに綴るブログ

DISC 1 【The Get Up Kids 〜Something to Write Home About〜】

 エモとの邂逅 

 

記念すべき最初の記事。このアルバムを紹介します!

 

 

思い出の、忘れられない1枚です。

 

The Get Up Kidsとの出会いは高校1年生の時。6歳年上の兄の影響でした。

兄が集めたCDの山の中から、ロボットのジャケットに惹かれて聴き始めたこのアルバム。

まだ音楽に興味を持って間もなかった私は、切ないディストーションサウンドにやられてしまいました。

アルバムを通して捨て曲無し!駄曲無し!文句無し!の1枚です。

当時、わけも分からず狂ったように聴きまくっていた私が、エモという言葉を知るのは少し後になります。

 

現在、エモという言葉は様々な場面で使われていますが、私にとってのエモの原点は間違いなくここにあります。

 

もちろん全曲好きですが、特にお気に入りなのは9曲目のこの曲。

"I'm A Loner Dottie, A Rebel"

イントロから切なさ全開で、涙ちょちょぎれちゃいます。

 

 

The Get Up Kidsといえば、昨年2013年の11月にtieemoというフェスに参加しました。

その時にフロントマンのマットと2ショットを撮ってもらえました。私の数少ない宝物ですね〜。

 

ちなみに、このアルバムは2ndですが、私は1stも大好きです。

1stは気が向いたら取り上げようと思います。

 

長くなってしまうので、今回はここで終わりにします。

では〜。